【包茎化】包皮を伸ばして包茎になる方法

包皮を伸ばして包茎にする方法 最近、包茎男子が流行っていることをご存じでしょうか。現在、包茎で悩んでいる男性ももうそれ以上悩む必要なんてないのです。 今回脱包茎の方々が、再び包茎に戻る方法などアドバイスしたいと思います。 早速解説しましょう。  

目次

なぜ包茎化が求められているのか

以前は包茎など何もいいことはないという思われ方をしていましたが、現在はそうではなく包茎によってメリットがもたらされているようです。 また、事情があって包茎に戻す方々もいます。  

亀頭が敏感になるから

仮性包茎の場合、常に亀頭に皮がかぶっているため、いざズルムケ状態で亀頭を刺激するとなると亀頭が敏感になると言います。 セックスのとき包茎男子の方が感度がよく女性を喜ばしてあげることができます。  

   

包皮を予測以上切りすぎてしまったから

包茎を卒業しようとばかり手術を受けたものの逆に切りすぎてしまって、包茎に戻りたいと思っている方々もいます。 包茎手術を受ける男性も多くいますが、結構このような悩みを持っている男性は少なくはありません。 包茎を切りすぎてしまって、朝勃などしたとき、皮が突っ張りすぎて痛いということがあります。 また内板を切りすぎてしまうことで、感度が鈍ることがあります。  

包茎化にイボコロリ、包皮再生器具の選択肢はあり?

  硬くなった皮膚を柔らかくするためにはイボコロリが有効的だと考える人たちもいます。  

イボコロリの選択肢はあり?

方向性は合っているのかもしれませんが、イボコロリで柔らかくなるのはごくごく一時的です。 してもすぐにもとに戻ってしまうでしょう。 インターネットでは、ステロイドを使用するという方法が紹介されていることもありますが、ステロイドは炎症のための薬です。やっぱりおすすめはしません。ステロイドの副作用のことも考えた方がいいでしょう。  

包皮再生器具の選択肢はあり

海外に目を向ければ、包皮再生器具というものも販売されているようです。実際に使用したことがありませんのでなんとも言えないですが、そのようなアイテムを購入することも手かも……。 しかし、海外の男性とペニスの強さも違いまので、やり過ぎにはとにかく注意しましょう。  

包皮を縦に伸ばしてみる

包茎化するためには、包皮を頑張って引っ張ることからスタートしましょう。縁の部分を、できるだけ亀頭に引き寄せます。  

無理はしないで引っ張る

包皮の口あたりがかなりきつくなっている方々もいらっしゃることでしょう。そのような場合なかなか中に指を入れるのは難しいので、引っ張って大きくするという流れでいきましょう。 あんまり無理すれば、痛みが生じてしまうこともありますので、ほどほどという意識を持って、包皮を亀頭から後向きに引っ張ってみましょう。  

30秒キープ 10回繰り返す

頑張り過ぎないことも大事です。 頑張り過ぎれば痛みもともなってしまうことがありますので、引っ張って30秒キープして、力を抜きます。この程度のトレーニングを10回繰り返してみましょう。   どのような時間にこのようなトレーニングをすればいいかですが、おすすめはお風呂に入っている時です。気兼ねなくトレーニングできるでしょうしは、お風呂に入っている時は痛みを軽減できるメリットもあります。   水性ローションを使用するというのもおすすめです。  

包皮を横に伸ばす

もうひとつの方法は、包皮を横に伸ばすことです。親指と人差し指を使用して、包皮を両側から優しく伸ばします。   30秒程度キープして、数回同じことを繰り返します。  

小帯を引き延ばす

亀頭の裏側に、亀頭と陰茎をつなぐ小さな帯があります。包皮が短すぎる場合には小帯が伸びていないことがあります。   親指と人差し指を使用して、小帯と包皮が結合している部分をつまみます。亀頭から皮膚を無理しない程度で引っ張って、30秒のあいだキープします。  

トレーニングを日常のものにする

このようなトレーニングも気軽に行うといいでしょう。日常生活で習慣づけることも大事です。小便などの時間はいい機会です。   とにかく包茎化するために毎日習慣化することで必ず目標は達成することができますので、あきらめない意識で向きあってください。   小帯を引っ張ったあと、包皮を引き延ばすトレーニングもありです。シャワーなどのリラックスできる時間を有効的に活用してください。   お湯を有効的に活用することで包皮も伸びやすくなってくれます。   またシャワールームには石けんも身近にあるでしょう。石けんもトレーニングには有効的アイテムです。石けんを使用して、皮膚の潤滑をスムーズにしましょう。  

まとめ

いかがでしょうか。今回包茎化の方法について解説しました。 何よりも包茎化は長く続けることが肝心です。あまりハードなトレーニングですとなかなか続かないですし、傷つけてしまうこともありますので注意してください。また、清潔にして行う ことも大事です。 ペニスは長くおつきあいする大事な道具です。やさしくやさしくいたわるようにトレーニングしましょう。

保存はこちら
目次
閉じる