【包茎手術Q&A】仮性包茎手術で根元を切ればツートンカラーにならないですか?

回答受付中

 

仮性包茎の手術で、根元の方の皮を切ればツートンカラーにならないと聞きました。根元から切る包茎手術を受けることができますか。

名無し/20代

包茎手術の基礎知識

 

専門家からの回答

 


TOP 回答者
泌尿器科看護師  佐伯優菜

包茎手術のオペナースとして10人以上のドクターの手術介助につく。包茎手術カウンセリングも行いながら、より患者に近い立場から包茎手術のリアルを発信中。オペについた患者数400人以上。



包茎の状態によってはOK

そもそも包茎手術によるツートンカラーというのは、サオの中間部分の皮膚を切り取ることによって本来のペニスの色の自然なグラデーションが失われて、亀頭側と根本側の皮膚の色の変化が直接対比される現象です。

避け方は簡単で、質問者様のいう通り中間部分の皮膚を切り取らず根元を切り取ればいいわけです。


根元を切り取るの根部除去法

そもそも亀頭周囲よりも、根元を切ることができれば
①傷が毛に隠れやすい
②亀頭の感度が失われない

といいことづくめなわけです。

だ・け・ど!

ペニスの根元を切り取る(根部除去法)包茎手術は、全体の1割もないと思われます。

なぜかというと、どの包茎でもできるわけではないからです。


根部除去法は締め付けのない軽度の仮性包茎だけ

包茎のなかには包皮の途中がひょうたんのように締め付けられている人がいます。

俗にいう「カントン包茎」「真性包茎」です。

この人たちは、締め付け部分の皮膚を切り取らないと改善されないので根部除去法ができません。

そういうわけで、メリットが多いと思われる根部除去法ですがこの方法で包茎手術を受けられるのは、軽度の仮性包茎だけです。


根部除去法は難易度が高い

最後にもう一つ。あまり知られていないことを話します。

根部除去法が流行らない理由として、「難易度が高い」という点があります。

ドクターから、根部除去の場合根本側からどれだけの皮膚を切り取るべきかという計測が難しい、という話をよく聞きます。

皮膚がだぶつく亀頭周囲から距離が遠いのでそれだけ計測が難しいんではないかと思われます。



こういった理由で、根部除去法はあんまり流行っていないわけです。

ゆみなーでした(^_-)-☆





 

 

保存はこちら
目次
閉じる